HOME > あらやしき歯科ブログ > 院長ブログ > 学会発表しました。

あらやしき歯科ブログ

< 大船(鎌倉市)にて  |  一覧へ戻る  |  むし歯で死んじゃう!? またまた、むし歯くらいでオーバーな・・・ >

学会発表しました。

第34回日本顎咬合学会学術大会にて、学会発表を行いました。
 
今回のメインテーマは「新・顎咬合学が創る“健口”長寿」です。 
噛んで食べることで、脳の血流量が増加し、高度にネットワーク化した脳全体を活性化することが判明してきました。さらに咀嚼された食物が消化吸収により細胞レベルでの新陳代謝を促すことも重要です。そのためには生涯にわたる健康な咬合・咀嚼を育成・維持・再建・管理することが重要です。このことが生涯にわたる健康長寿の源になります。 
 
日本で最も大きな学会といっても過言ではないような学会で、日本全国から歯科関係者約4,600名が東京国際フォーラムに集結しました。
 
Gna_pos_2016_01.jpg
発表前日に一緒にポスター発表したIPSGの先生方と
 
Gna_pos_2016_02.jpgGna_pos_2016_03.jpg
展示されていた中にB.B.McCollumの「Gnathoscope」と「Gnatholator」がありました。稲葉先生が感心していたナソロジーの歴史。もう手に入らない文化遺産だとおっしゃっていました。
1920年代から顎運動の記録を取って治療に臨んでいたのに、現代ではフェイスボウトランスファーどころか咬合器さえ使っていない歯科医が多いという状況に改めて驚きました。
 
Gna_pos_2016_04.jpg
学会発表に向けて、自身の日々の仕事の成果をまとめていると、新しい気づきがあったり様々な成書に目を通したり論文的考察によって、より深い勉強の機会になります。今回もたくさんの先生や技工士さんに興味を持っていただき、いろいろディスカッションさせていただいてとても励みになりました。
ありがとうございました。
 
 





カテゴリ:

< 大船(鎌倉市)にて  |  一覧へ戻る  |  むし歯で死んじゃう!? またまた、むし歯くらいでオーバーな・・・ >

同じカテゴリの記事

神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会 第20回記念大会 in 海老名

DSC_0145.jpg
神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会の講演に参加しました。

若林秀隆先生の「嚥下とADLだけを注目しがちだが、咬合・嚥下・栄養・ADLが重要。咬合支持がないと嚥下機能が低下する」という言葉が印象的でした。





1489308545572.jpg他の講演も自分には新鮮で興味深い内容でした。
終末期においても、認知症でも
「最後まで食べたい。(普段は口から栄養を摂取していない状況でも)
・訪問してくれた友人をもてなしたいから、ビールを一緒に。
・郷土料理をもう一度食べたい」
食べる事が生きること。という強い思いがある。
というお話もありました。
 
内容としては、食形態と食事支援の話がほとんどだったので、ここにIPSGの嚥下リハビリメソッドが加わったら、患者さんも医療従事者も楽になるだろうなぁ。と、感じました。
 
歯科医師による咀嚼機能回復・嚥下運動筋肉機能回復は、今後さらに重要であると実感しました。
そして、そのようなライフステージになる前から、普段から、口腔衛生・咀嚼機能維持・口腔周囲筋機能訓練をしっかりと習慣づけておくことが不可欠であると思います。

1489315430840.jpgDSC_0146.jpg
 その後、海老名で評判の蕎麦屋さんに寄りました。天せいろ美味しかったです






片瀬山幼稚園・閉園

私が通っていた片瀬山幼稚園が3月16日の卒園式を最後に閉園いたします。
お知らせの手紙を頂いたので、久しぶりに訪問してきました。

DSC_0136.jpg1489058566628.jpg幼稚園の頃の記憶はおぼろげだったのですが、とてもきれいな園舎と園庭を見ながら園長先生とお話をしていると、
「谷先生!大好きだったなぁ」
「あの鉄棒に頭をぶつけて、ひたいから派手に出血。それで、ひどい乱視が発覚して、小学校半ばまでメガネ生活になったぁ」
「ここでみんなで布団を敷いて寝たなぁ」
などなど、懐かしい記憶がよみがえってきました。
 
DSC_0139.jpg1489058552680.jpgDSC_0126.jpg片瀬山幼稚園は1972年に開園し、44年間で約1700名が卒園しました。帝国ホテルの設計者フランク・ロイド・ライトのお弟子さん・建築家・遠藤楽(らく)氏により設計されました。
とてもモダンで片瀬山の雰囲気に溶け込んだ素敵な建物です。44年も経過したとは思えないほどきれいで、古めかしさは微塵もなく本当に取り壊さなければいけないのか?と思うほど、立派でした。

1489058440887.jpg1489058448687.jpg閉園の理由は、木造の園舎が耐震基準を満たせない。建て替えるとなると莫大な費用が掛かるし、近くに仮園舎を設けるスペースもない。ということのようです。
 
DSC_0128.jpgDSC_0131.jpg30名ほどの最後の卒園生となる子供たちが、卒園式の練習をして、突然の不審な訪問者(私)に礼儀正しく挨拶をして、園庭で無邪気に駆け回る姿は実に微笑ましいものでした。
 
1489058421926.jpg私が在園するころから今日まで、千葉先生どうもありがとうございました。お陰様で大きく成長することができました。
 
DSC_0141.jpgDSC_0142.jpg千葉先生は「閉園のお知らせの手紙1700通のうち、約100名分宛て先不明で渡せていないことがとても残念。取り壊される前に皆さんにもう一度来園してほしい」と、話してくださいました。
3月17日(金)18日(土)9:00~15:00園舎を開放するので、どうぞ皆さんいらしてください。21日(火)より解体工事です。

DSC_0137.jpgこの日は暖かく穏やかな日差しで、我々が卒園の時に植えた梅の木がきれいに花を咲かせていました。
本当に素敵な幼稚園なので、ぜひ一度足を運んでみてください。
片瀬山幼稚園、お世話になりました。ありがとうございました。




片側のリーゲルテレスコープ義歯の場合はどんな入れ歯になるの?What happens to the Riegel telescopic prosthesis of the unilateral distal-extended ?


・初診時
患者さんはとても暗い顔で言いました。「この入れ歯で食事をすると痛い。しゃべっている最中に義歯が浮いてきてしまうので、しゃべれない。趣味である歌を歌うことが出来なくて困っている。」
 
・治療後
患者さんはとても明るい表情で喜んで話してくれました。「しっかり噛めて痛くない。思いっきり歌を歌えるようになった。」


・Initial visit
The patient said with a very gloomy face. "I have a pain in it when I eat with this denture. Because a denture loosens while I talk, I cannot talk. It is awkward that I cannot sing the song which is a hobby".

・After prosthesis
The patient talked with a very bright expression with pleasure. "I can chew well and do not have a pain in it. I became able to sing a song with all one's might".



 

What's Riegel telescope denture ?  リーゲルテレスコープ義歯とは


リーゲルテレスコープ義歯がどんな入れ歯なのか?
自分の歯にかぶせる内冠に鍵穴があり、義歯に鍵となるレバーが付いていて
入れ歯を入れて鍵を掛けると固定されて動かないので
・しっかり噛める
・しゃべりやすい
・人目には入れ歯だとわからない
・衛生的(取り外して洗えるので)
・長持ちする(修理しながらでもずっと使える)
といったメリットがあります。
ドイツでは古くから用いられている部分入れ歯の技術です。
 
What kind of dentures is Riegel telescope denture?
There is a key hole to the inner crown to cover one's tooth with, and a denture is accompanied by the lever that it becomes a key.
When you put dentures and lock it, it is fixed and does not work.
・You can chew well
・It is easy to talk
・The public eye does not understand that it is dentures
・Hygienic (You remove it and can wash it)
・Last a long time (usable all the time even when repairing it)
There is such a merit.
Popular in Germany.



学会発表しました 2017/01/22 大井町

DSC_0045.jpg
第4回 日本総合口腔医療学会学術大会にて、症例発表をさせていただきました。
 
まだ新しい学会ですが、医師・歯科医師・獣医師が口腔から全身の健康について語り合う有意義な学会です。
 
今回の発表は、症例を通して
・歯の本数が減って噛めなくなると、栄養障害から全身の健康状態が悪くなること
・噛む機能を回復するために考慮すべきこと
・テレスコープ義歯は食品多様性を改善し、それを長期維持安定させることができること
について発表しました。
医師・獣医師の先生に咬合・噛み合わせの重要性と高齢者のQOLの向上に寄与するテレスコープ義歯について知ってもらえて、反響を頂くことができて、とてもうれしかったです。
 
本学会会長の稲葉先生は
「高齢者は歯を失ってしまったせいで、人生の集大成の時期に入ってからさみしい思いをしている人がたくさんいる。生きることへの欲求。健康でいたい。美味しい食事がしたい。家族と同じものが食べたい。という想いを強く持っている。そういう想いに応えられるような歯科医療を行わなければならない」
とお話しくださいました。
 
これからも日々、研鑽を積み重ね続けたいと思います。
 
ありがとうございました。
 

このページのトップへ