HOME > よくある質問 > かみ合わせ治療について

よくある質問 : かみ合わせ治療について

かみ合わせが悪いとどうなりますか?

むし歯や歯周病に成りやすくなります。他にも、冷たいものがしみる。朝起きた時に顎や顔の筋肉に疲労感がある。歯や歯の詰め物・被せ物が、ひび割れたり、欠けたり、削れたり、外れたり、壊れたりしやすい。顎が痛い。お口の開閉時に違和感がある。など、さまざまな症状に繋がります。生活に支障をきたす前にいくつかの症状や徴候が表れ、やがては歯を失う事態に繋がっていきます。

歯が痛いのですが、異常なし・原因不明と言われてしまいました。なぜでしょうか?

かみ合わせは、ただ口の中を覗いて診ただけでは解りません。かみ合わせを調べるための診査診断を行うことで初めて原因がわかり、治療方法をご提案できるようになります。

一部の歯だけがグラついてきました。なぜでしょうか?

かみ合わせのバランスが崩れていると一部の歯だけに大きな負荷がかかってしまい、その歯を支えている骨が壊れてしまいます。早めに適切な歯周治療とかみ合わせ治療を行う必要があります。

以前よりも口が開きにくく、顎からカクッと音がします。顎関節症でしょうか?

顎関節症である可能性が考えられます。放っておくと顎や頭、首などに痛みが出る場合もありますし、さらにお口が開きにくくなったり、歯がすり減ったりしてしまうこともあります。一度ご相談ください。

かみ合わせはどのように治療をしますか?

原因によって治療方法が異なります。まずは、しっかりと原因を把握するための診査診断を行いましょう。そのうえで、状況に応じて・リシェイピング・矯正治療・被せ物や入れ歯の作りなおしのいずれか、もしくはいくつかを組み合わせた治療計画をご提案します。

ページトップへ