HOME > かみ合わせの種類 > 開咬

かみ合わせの種類 : 開咬

開咬とは

開咬(オープンバイト)

オープンバイトとも呼ばれます。口を閉じたときに奥歯のみが噛み合い、前歯が噛み合わない状態です。不正咬合の中では、様々な問題を引き起こしがちな症状の1つです。

原因

歯並びは、舌の筋肉と頬や口唇の筋肉の力のバランスで出来上がります。
この力のバランスを乱す要素として、舌を前に出す癖、無意識のうちに口呼吸をしてしまっている。ということがあります。
乳幼児期の指しゃぶりや爪を噛む癖がきっかけになっていたり、吸啜反射がある哺乳時期に適切な飲みこみ方法や鼻での呼吸法を身に着けられなかったりしたのかもしれません。

放置することで起こる悪影響

開咬のために【前歯と奥歯の役割分担】ができていなければ、奥歯の特定の歯にだけ負担がかかる状態が起こり、歯が壊れてしまうか?歯肉や歯の周りの骨が壊れてしまうのか?顎の関節や周囲の筋肉に悪影響を及ぼすのか?という状況になります。
そのほかにも、
咀嚼能率の低下・発音が不明瞭になる(特にサ行、タ行、ラ行)・見た目の悪さ(口元のでっぱり、常に口が開いている、笑うと歯ぐきがむき出しになる)・胃腸障害、アレルギーの誘発・虫歯・歯肉炎、歯周炎・口臭(口で呼吸することによる口腔内の乾燥)など、様々な弊害・問題が生じることが考えられます。
 同じように、
乾燥による唾液の保護機能低下が、歯周病を悪化させていきます。
毎日欠かさず一所懸命に歯を磨いているのに歯茎が赤く腫れちゃう。
毎日ちゃんと歯磨きしてるはずなのに、虫歯になりやすい、歯周病が治らない。
とにかく奥歯がしみて痛くて仕方化がない!
そんな悲しい思いをするかもしれません。
また、
せっかく歯科治療をしても治療した歯を何度も再治療を繰り返すことになったり、なんとなく違和感が続いたり、口が開きにくい、顎ががくがくする、どこで噛んでいいか分からない、ということ起こりやすくなります。

治療や対策

開咬でも、必ず治療しなければいけないというわけではありません。
もし、開咬でも【前歯と奥歯の役割分担】ができていれば問題が出る可能性は低いです。
 開咬で上顎前歯と下顎前歯が大きく離れてしまっている場合は、
【歯列矯正治療】によって、前歯の役割ができる位置に歯を移動させます。
 そこまで大きく離れていない場合は、
「咬合診断」をお受けください。あごの動きを再現する装置を用いてかみ合わせの診査を行い、かみ合わせのバランスを崩して悪影響を及ぼしている個所を特定し、歯の形を理想的に整えていく治療を行います。

ページトップへ