HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年5月

ブログ : 2015年5月

『かみ合わせの問題』を抱えていませんか? その症状は案外、咬み合せのせいかもしれません

むし歯だけがあなたの歯に対する唯一の脅威ではありません。どうか、見過ごさないでください。すごく痛い・腫れあがってしまった・歯が抜けてなくなっちゃう。そのような深刻な事態をむかえる前に、生活に支障をきたす前に、いくつかの症状や徴候があります。咬合病(咬み合わせの不調和)の自己評価をしてみてください。

咬み合わせの不調和の症状と徴候
セルフ・チェック
  1. 冷たいものや熱いもので歯がしみたり痛んだりしますか?
  2. 歯ぎしり・食いしばりをしていますか?
  3. 歯と歯ぐきの境目付近にV字型・クサビ型の切れ込みができていますか?
  4. 朝、目覚めた時点ですでに、お顔の筋肉に疲労感などを感じることがありますか?
  5. 前歯が、薄くなったり、削れてすり減っていたり、欠けたりしていますか?
  6. ご自身の歯や歯の詰め物・被せ物が、ひび割れたり、欠けたり、削れたり、外れたり、壊れたということがありますか?
  7. 顎が痛い・お口の開閉時に違和感など、顎の関節周囲の症状で辛い経験をしたことがありますか?
  8. 下あごの内側や上あごの中央などで、骨が出てきたり盛り上がってきたりしていますか?
  9. 原因不明の頭痛がありますか?
これらの質問に該当するものがあれば『かみ合わせの問題』を抱えているかもしれません

あらやしき歯科医院では、問題点を明確化し、集中的に治療し、できるだけ再び壊れることのないように予防することまで考えた『咬み合わせ治療とマネージメント』を通じて生涯にわたる全身の健康づくりのサポートを行います。噛み合せがおかしいかも・咬み合わせが悪いかな?と思ったら“手遅れになる前に、今すぐ行動しましょう!”





1

« 2015年4月 | メインページ | アーカイブ | 2015年6月 »

ページトップへ