HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年6月

ブログ : 2018年6月

第36回 日本顎咬合学会学術大会にて学会発表しました 2018/06/10

日本顎咬合学会発表スライドタイトル.JPG
日顎_2018.png
第36回 日本顎咬合学会会学術大会にて、症例発表をさせていただきました。
 
今回の発表は、症例を通して
・クラスプ義歯の危険性
・術前の診査・咬合診断による、問題点と治療計画を視覚化することの重要性
・口腔環境の長期維持安定にリーゲルテレスコープが有効
といったことについて発表させていただきました。
 
今後も学会発表できるように、根拠のある診査・診断と治療の結果を日々、積み重ねて行きたいと思います。
 
ありがとうございました。
 

1

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2019年4月 »

ページトップへ